二酸化炭素濃度測定器を導入しました

9月7日(月)より二酸化炭素濃度測定器を各保育室と職員室に置きました。



「文部科学省」教室内二酸化炭素濃度の基準値1,500ppm

「厚生労働省」良好な換気状態の基準値1,000ppm


換気するタイミングを30分に一回、喚起しています。

それと、見えない空気が読めるようになって、1,000ppmになっても換気するようにしました。




Facebookにも時々、投稿していますのでよろしくお願いします。



最新記事
アーカイブ